支え = 支えられ

今回は、炊き出しで参加させて頂きました。

くぐなりでも他の所でも、私にできそうな事は、炊き出しかなって。
生きていくには、食べないといけなくて、おいしいものを、たべる事で、力もわくから。

一緒に、食べた後、仮説の、方々と、いっぱいおしゃべりしました。
捕鯨の町だったこと。
鯨祭りのこと。
方言がわからなかったけど、私が話したい、聴きたいって気持ちは通じたかな。

牡鹿音頭をテープでかけてもらいました。
みんなで踊ってあげたかったけど、恥ずかしくて、できなかったのが残念です。

でも、一緒に、笑って、ご飯たべて、色々教えてもらって、誰かのためでなく、自分のために、行かせていただけて、ボラセンさんには、感謝です。

見送ってくださった、邦子さん、ゆうきくんを見ていて、きっと見送ったあとは、さみしいだろうな。
そうか!支えてもらっているのは、私たちなんだと、感じました。

現地ボランティアに参加する→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です