聴く

仮説住宅、一般住宅に訪問する係では、今週も愛知ボランティアが来たこと炊き出しをやることを伝えに一件一件まわります。

現地の方は愛知ボランティアが来ることを楽しみに待っているので、「毎週土曜日を楽しみにしてるよ」や「少し上がって一緒にお茶しよ」といってくれる方もいます。
お茶をしながら震災の日を語っていただける方もいます。

震災を思い出すことはとても辛いと思います。

それ以上に私たちに何かを伝えたいのだと思います。

だからこそ、私は話を傾聴することも大事なボランティアだと思います。

現地ボランティアに参加する→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です