年末のご挨拶。

今年もありがとうございました!!
こんばんは。専務理事 田中です。
早いもので、間もなく2016年が終わりますね。
皆さんはどんな一年を過ごされましたか。
災害が多い日本では、今年も台風や地震、火災により、多くの地域、たくさんの人が被害に見舞われました。
たくさんの命も失いました。
今年も本当に苦しい一年になりました。
私たち愛知ボラセンの団体名は、NPO法人被災者応援愛知ボランティアセンターといいます。

応援という言葉には、仲間を元気づけるという意味があります。

私たち愛知ボラセンは、「支援」ではなく「応援」を理念に掲げる団体です。
たくさんの仲間(ボランティアさんや企業さん)と一緒に2016年も応援活動をおこないました。
いかに被災者の気持ちを考えれるか。
声を聞くことができるか。
心に寄り添えるか。
2011年の設立以来、私たちスタッフはずっとずっと問い続けています。
2016年。本当に色々なことがありました。
その中で、
私たちの活動理念に賛同し、会場提供をし続けてくださる、東別院の皆様、

震災孤児遺児応援ワンコインサポーターズに毎年多額の寄付をお贈りいただく、リゾートトラスト株式会社の皆様、

ボランティアバス運行を行ってくださった、株式会社中部キャラバンの皆様、

いつも、笑顔で活動に協力してくださるボランティアの皆様、

その他大勢の方から、活動を応援していただきました。
私たち愛知ボラセンの活動には、たくさんの方の被災地や被災者を想う「心」があります。

こうやって一緒に活動してくださった皆さんの心が、愛知ボラセンをつくっていると思っています。
設立からもうすぐ6年。
まだまだ未熟な団体ですが、また来年もあたたかく見守り、サポート頂ければ嬉しいです。

「来年はさらなる飛躍の年に」
とよく言いますが、私たちの団体は、活躍する機会がないほうがいい団体です。

2017年は、災害がないこと、失われる命がないことを心から願います。
明日も明後日も明々後日も、大切な人の笑顔に会える日が続くことを願います。
最後になりましたが、
2016年、愛知ボラセンを応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。