【でらえぇ~友だちつぐっぺぇ~笑顔プロジェクト】次回(2019年8月開催)実行委員を募集します!!

スタッフ田中です!!

【でらえぇ~友だちつぐっぺぇ~笑顔プロジェクト】の学生実行委員の募集を開始させていただきます!!!
2013年3月から年に2回、春と夏に開催してきた【でらえぇ~友だちつぐっぺぇ~笑顔プロジェクト】ですが、
今年は今一度企画を見直す大事な期間とし、春(3月)の開催を見送ることになりました。

今回募集する次回(第13回)は、夏の募集となります。

また8月の開催へ向けて、東北学生との交流と、被災地スタディを目的とし、3月29日~31にバスで仙台へ行くことになっています。
合わせて予定をお願いします。

前回【でらえぇ~】に参加してくれた名古屋学生実行委員の最年少は15歳、高校1年生でした。
東日本大震災が起きた2011年は彼らは8月歳か9歳、大きな地震が起きたことは知っているけれど、それ以外はよくわからない。
当時まだ小学校低学年だった彼らは、よくわからないまま、知らないままこのプロジェクトに参加しました。

当時このプロジェクトに参加した学生たちは、「自分も何かしたい!力になりたい!」とボランティアバスに乗って被災地へお手伝いに行ったメンバーです。
間もなく震災から8年が経とうとしている今、このプロジェクトに参加している学生は、東日本大震災を知らない学生たちです。

昔の方がいいとか、今の方がこうだとか、、、よくそんな話を耳にしますが、
当時も今も、自ら行動し、知り、感じ、学び、向き合い、寄り添おうとすることが出来る学生がいることが、とても心強いです。
私は当時も今も変わらずそう思っています。

月日が流れ、実行委員が世代交代していき、様々なことが変わっていきました。
今まで出来ていたこと、理解できたことが出来なくなったり、
逆に、今まで触れられなかったことに踏み込んでいけるようになったり。

そういった月日の流れを受け入れながら、今を引っ張っている実行委員の想いを受け入れ優先しながら、立ち止まらず変化を恐れず、愛知ボラセンらしい活動を続けていきたいと思っています。

また第13回のプロジェクトも、〈でらえぇ~友だち〉を見つけられるような、あたたかい活動になりますように。
東北、愛知の学生たちがお互いを想い合い、かけがえのない時間を刻んでいけますように。

時間とともに変化し続けている【でらえぇ~友だちつぐっぺぇ~笑顔プロジェクト】
学生の皆さん、是非ご参加ください!!

■でらえぇ~友だちつぐっぺぇ~笑顔プロジェクトとは
東日本大震災でお父さん、お母さんを亡くした子どもたちは1,782人。(平成27年9月8日厚生省調べ)
1,782人という数を見れば多いようにも感じますが、同じ学校、同じクラスに同じ境遇の子がいる可能性はほとんどありません。
辛い気持ちを打ち明けられる友だちはいるのだろうか。
自分はひとりぼっちだと苦しんではいないだろうか。
以前に、「自分のことを話したときに、もし困らせてしまったらどうしよう。」と、家族や友達に自分のことを話せないのだと教えてくれた子がいました。安心して自分のことを話せる場所がなかったのです。
同じ境遇の学生同士が、それぞれの抱えている気持ちを打ち明けられ、受け止め合えるような仲間と出会える場所を作りたい。

でらえぇ~=とってもいい(名古屋弁)
友だちを
つぐっぺぇ~=作ろう(石巻弁)

〈愛知と東北のみんなの心が繫がり、笑顔でいっぱいになるように〉という愛知の学生の強い想いが込められ2013年から始まったプロジェクトです。

これまでの報告書はこちらから→http://aichiborasen.org/deraee/deraee_houkoku

■活動概要
◇日程:2019年8月7日(水)朝~10日(土)昼頃まで
◇費用:7,500円程度(食事代・宿泊費など)

◇宿泊・活動場所:名古屋市中区橘コミュニティーセンター(予定)

<事前交流・スタディーバス>
◇日程:2019年3月29日(金)夜~31日(日)昼前まで
◇費用:3月事前交流・スタディーバス:10,000円前後 ※バスの乗車人数で割るため変動あり
◇活動場所:仙台

■実行委員概要
◇お申込み条件
1)中学1年生以上、大学4年生以下
※専門学生可
※2019年4月に中学生になる方要相談
2)2019年8月7日(水)~10日(土)昼まで、通して参加可能な方
※部活や講習、短期留学などまだ先のスケジュールが出ていないと思うので、スケジュールが合わなくなってしまう方もいるかもしれませんが、夏の参加についてはその都度随時相談とさせてもらい、参加の意志がある方はひとまず実行委員登録をお願いいたします。
3)ミーティングに参加できる方
※スケジュールは、第一回ミーティング時に実行委員で決めています。出来るだけご参加いただけるよう調整をお願いします。
例年、日曜日13:00-16:00に東別院会館にて実施しています。

お申込みはこちらから→ http://aichiborasen.org/2019summer_deraee13申込〆切 2019年1月末日中
※お申込みが殺到した場合、期限前に締め切ることがございます。ご了承ください。
※お申込み期限厳守です。

2019年1月キャンドル製作スケジュールのお知らせ

追悼キャンドル作製2019
毎週火曜 10:00~16:00
毎週土曜 10:00~19:00
東別院会館地下106教室にて

【1月】
1月8日(火)10:00~16:00
1月12日(土)10:00~19:00
1月15日(火)10:00~16:00
1月19日(土)10:00~16:00
1月22日(火)10:00~16:00
1月26日(土)10:00~19:00
1月29日(火)10:00~16:00

新年のご挨拶

スタッフ田中です。
皆様健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
旧年中は多大なるご尽力をいただき、ありがとうございました。
旧年を表す漢字に「災」が選ばれるほど、旧年は地震、豪雨、他風、そして猛暑など自然災害の脅威を感じた年でした。

改めて、お亡くなりになった方々のご冥福を心よりお祈りすると同時に、被害を受けられました皆様にお見舞いを申し上げます。
愛知ボランティアセンターは、今年度も一日も早い復旧・復興を願うとともに、精一杯応援活動を続けてまいります。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

年末から年始にかけて、インフルエンザなど体調を崩される方が続いているようです。
どうぞお体ご自愛くださいね。

【でらえぇ~2018夏】10/7(日)13:00-報告会をおこないます!

第12回でらえぇ〜友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト実行委員長の小島です。
8月15日〜18日におこなった第12回の報告会を開催させていただくことになったのでご案内させていただきます。

「でらえぇ〜友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト」とは
東日本大震災でお父さんやお母さんを亡くしてしまった同じ境遇の子どもたちの出会い場を作り、辛いことや抱え込んでることなどなんでも話し合えるような友達を作り、ずっと繋がっていけるものになればいう思いで始まったプロジェクトです。
震災から7年半が経ち、人々の記憶からは薄れてきています。これは恐ろしいことです。
しかし、被災した方からはどれだけ時間が経っても薄れていくことではありません。
長い時間が経っても苦しい思いをしている人は多くいます。
心の復興は簡単にはできませんが、この活動を長く続けていき1人でも多くの子を応援していきたいと思っています。

今回は名古屋学生12人 東北学生12人と、とても多くの学生と過ごしました。
一時期は名古屋学生の人数が少なく続けていけるかなどの心配もありましたが、応援してくださる皆様のお陰で無事開催することができました。
そして今回も応援してくださる皆様にどのような時間を過ごしたかをご報告させて頂くとともに、多くの人にでらえぇの活動を知ってもらおうと思い報告会を開催いたします。
報告会では東北の子とのエピソードや、お話会のことなどでらえぇの4日間で感じたことなどを伝えることができたらなと思っています。
是非知人やお友達を誘って来てくださると嬉しいです!

第12回報告会
10月7(日)13:00~15:30
東別院会館地下106教室
※お申込みは不要です。

【9/24(月祝)追悼キャンドル作製スタートミーティング&発災時を想定してのグループディスカッション】

スタッフ田中です。
先日、10月から始まる追悼キャンドル作製スケジュールをお知らせさせていただきましたが、
9月24日(月祝)に追悼キャンドル作製スタートミーティングと、もし災害が起きたら?の様々なシュチュエーションを想定したグループディスカッションを行いたいと思います。
今年の夏は、本当に多くの災害が起き、またたくさんの方が亡くなりました。

復旧復興活動への応援はもちろんですが、次に起きるかもしれない災害に備え、自分の命を守る話し合いを行いたいと思います。
それぞれの状況や、被害状況によってもどう行動したらいいか、何を備蓄したらいいか、避難時何を持ち出せばいいか・・・など、
ひとつの答えが出るものではありませんが、意見を交わすことで、お互いが考える時間となることを願います。
お忙しい中かとは存じますが、是非ご出席いただきルと嬉しいです。

9/24(月祝) 東別院会館地下106教室
10:00~12:00 倉庫引っ越し
13:00~15:00 追悼キャンドル作製スタートミーティング&発災時を想定してのグループディスカッション