ボランティアバスツアーの旅行業法に関する指導について

代表の久田です。

被災地へのボランティアツアーを旅行業者以外の団体が実施することが旅行業法違反であるとして国土交通省の観光庁が法令遵守を求める通知を5月下旬に都道府県に出していたというニュースが11日から12日かけて報道されています

厳密に適応した場合、主には以下の2点で問題が発生します。まず、旅行会社に委託することで旅行会社への委託料(通常10%程度)が発生します。この委託料を参加費に上乗せせざるをえないことになります。また、旅行会社に対して参加費を納めることになるために、参加費納入の確認に迅速性を欠くことになります。愛知ボラセンの場合、1日に何度も銀行口座を確認して、参加費振込の有無を確認し、キャンセルの場合はキャンセル待ちの方への連絡などをしています。こうした迅速な対応ができるのかが不安になるということです。

愛知ボラセンへは5月下旬に当局からの指導がはいりました。その時点で各地の社会福祉協議会が主催する熊本ボランティアバスについて調べてみましたら、その中ではすべて旅行会社の委託になっていましたので、全国的にかなり強い指導が入っていることと推測していました。

一方、今年の1月に国土交通省中部運輸局からマイクロバスを使用して、ボランティアバスを運行することが、道路運送法違反であるという指導をいただきました。マイクロバスを使用したボランティアバス運行は、国土交通省のバス会社に対する規制緩和により、バス会社が増え、その結果安全性を軽視して格安にバスを運行する会社が生まれました。そこで、国土交通省は「適正」なバス価格にすることをバス会社に対して強く指導しました。その結果、12,000円で運行していた大型バスによるボランティアバスは50%程度値上げせざるをえないことになり、苦肉の策として、安全性を可能な限り追求してマイクロバスでの運行を実施してきました。国土交通省はこれも法律違反であると指導されました。

この2点を遵守する場合、災害ボランティアツアーは以下のように3つになると私は想定しています。
1)ボランティアバスツアーの減少(あるいは激減)
2)旅行会社が代理店となり、観光バスを使用した参加費の高額なボランティアバスツアー
3)友だち、知り合い同士による乗用車の相乗りボランティア。これは旅行業法にも道路運送法にも関係しませんので、問題にはなりません。参加費をかなりさげることができます。しかし、ドライバーさんもおそらくいっしょにボランティア活動をされますので、交通事故などの危険性はかなり高くなると考えられます。

国土交通省としては旅行業法や道路輸送法などの法令遵守をボランティア活動にも求められるのは当然のことかと思います。一方、災害ボランティア全般に関しては復興庁や総務省に管轄になろうかと思います。復興庁や総務省として、ボランティア団体が法令を遵守しつつ、ボランティア参加を促すような、参加者の負担を軽減を図る措置を講じられることを求めていきたいと考えています。

さて、愛知ボラセンの具体的な対応は以下の通りです。

愛知県観光振興課とも協議し、今後のボラバスツアーはこれまでバスの手配でお世話になっているアワジ観光サービス(有)さんの旅行企画として実施します。したがいまして、参加費はアワジ観光サービスさんのゆうちょ口座にお振り込みいただくことになります。なお、熊本地震被災地応援ボランティアバスの参加費はアワジ観光サービスさんと愛知ボラセンの協力で据え置きとさせていただきます。

ご参加される皆様には、振込先口座が愛知ボラセンからアワジ観光サービスさんに変わる以外に何の変更もありません。

なお、愛知ボラセンが旅行会社の資格をとるということも選択肢にはありますが、最低でも300万円の保証金が必要となりますので、現実的ではありません。

第8回でらえぇ~友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト実行委員・大人スタッフ募集!!

こんにちは!

スタッフ田中です。

愛知ボランティアセンターは、2011年3月以来、被災者応援活動を続けています。

被災地ボランティアの回数は2016年1月末で152回、参加者はのべ8,500人を超えました。

参加者は7歳~80歳!!

最近では、その中でも学生さんの参加が目立ちます。

「学生の私たちにもできることがきっとあるから」

「ちゃんと自分の目で見たい」

「少しでも力になれたら」

学生たちは被災地ボランティア活動から帰ると、次は友だちを誘いまたボランティア活動に参加しています。

そんな愛知の学生たちが、2012年から続けている大切な活動が「でらえぇ~友だちつぐっぺぇ ~ 笑顔プロジェクト」です。

東日本大震災でお父さんお母さんを亡くした子どもたち同士が、誰にも話すことのできなかった想いや悩みなどを話せるような

場所や友だちを作るお手伝いをしています。

2012年から3月に名古屋、8月に石巻で開催しているこの活動は、この夏、第8回目を迎えます!!

 

 

 

 

「でらえぇ~友だちつぐっぺぇ ~ 笑顔プロジェクト」は、愛知ボランティアセンターの学生たちにしか作ることのできない特別な2泊3日です。 

こんにちは!前回第7回の実行委員長を務めさせていただいた加藤みのりです!!

でらえぇ=とってもいい(名古屋弁)

友だち

つぐっぺぇ=つくろう(石巻弁)

この企画名は、東北と名古屋の学生が一緒に大切な時間や友だちを作ろう!と考えつけました。

たくさんの楽しいゲームや、身体を動かす運動など、おもいっきり遊んだあと、

最終日の夜に、「語る会」をおこないます。

この活動の中で、最も大切にしている時間です。

今までに、東北の学生が震災当時の思い、お父さん・お母さんへの想い、今抱えている思い、心境の変化など、

長い時間自分の心の中にしまい込んでいた思いを話してくれる子がいました。

東北のみんなが話してくれる言葉一つ一つに耳を傾け、

全員で話をしてくれる子の気持ちに自分のできる限りできることとして寄り添い続けると同時に、

私でも何か力になれることがあるのなら、みんなで一緒に支えあっていきたいと思いました。

普段なかなか言えないことを話してくれるということはとても緊張しますし、勇気が必要だと思います。

そんな大切なことを話してくれるのは、でらえぇ~で出逢った友だちだからではないでしょうか。

これまでの第1回~第7回に参加してくれた、

多くの東北と名古屋の学生がでらえぇ~友だちとして繋がってきたように、これからも活動を続けていきたいと思います。

第8回でらえぇ~友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクトの開催が決まりました!!

東北の学生たちが心の底から、おもいっきり楽しく遊べるゲームを考えたり、

東日本大震災について勉強したり、

みんながビックリするような食事を考えたり・・・・

一緒に準備を行ってくれる実行委員を大募集します!!

◇応募できる方

1)2016年4月1日現在で東海3県在住の中学1年生から大学4年生

2)2016年8月5日(土)夕方~9日(火)朝まで、通して参加可能な方

 ※道中バス2泊、現地宿2泊

3)会議に参加できる方

 ※会議スケジュールは後日お知らせします。出来るだけご参加いただけるよう調整してください。

 ※試験などで、欠席する場合は事前に連絡してください。

※第一回会議は6/12(日)13:00~東別院にて予定しています。

[学生実行委員]

◇費用 25,000円程度 (食事代・交通費など)

◇申込〆切 2016年6月9日(木)

◇募集人数約 20人 ※定員に達した場合、期限前に締め切ることがございます。

[大人スタッフ]

◇費用 30,000円程度 (食事代・交通費など)

◇申込〆切 2016年6月9日(木)

◇募集人数 約10人 ※定員に達した場合、期限前に締め切ることがございます。

応募方法 下記応募フォームより必要事項を入力してご応募ください

http://aichiborasen.org/2016summer_deraee

[5/29(日)10:00~] 愛知ボラセン運営会議のお知らせ

田中です!!

今週末29日(日)10:00~12:00 東別院会館第二教室にて運営会議を行います!!

昨年10月からエール5th実行委員会に切り替わっていたので、お久しぶりの運営会議です。

・十八成ボラの今後について

・熊本ボラの今後について

・来年のエールについて

などなど。

皆さんと一緒に話し合っていきたいと思います。

午後からは同じお部屋で、第7回でらえぇ~友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクトの報告会の予定しております。

ご都合のつく方は、是非ご参加ください!!

エール5th総括動画(作成:伊藤智恵)

後日公開

【6/10~12】熊本地震被災者応援 中高校生ボランティア大募集

代表の久田です。
私は東海高校で教員をしています。
愛知ボランティアセンターの活動は、1995年2月設立の「阪神淡路大震災でお父さんお母さんを亡くした中学生高校生に奨学金を贈る中学生高校生の会」(奨学金を贈る会)が基になっています。
さらにその基は愛知県高校生フェスティバル実行委員会です。
奨学金を贈る会は、阪神淡路大震災で中高校生ボランティアを派遣するところから活動を始めました。
愛知県高校生フェスティバルに関係する私立学校を中心とした先生たちは、奨学金を贈る会の呼びかけに応えて、
自分の学校の中高校生に参加を呼びかけました。
以来、中越大地震、東海豪雨水害をはじめとして、各地の自然災害に中高校生ボランティアを派遣してきました。
東日本大震災では、2011年6月に大型バス7台280人の中高校生ボランティアを派遣しました。
▽2011年6月東北中高校生ボランティアの様子
https://youtu.be/rkXrfT7868A

先生たちは、中高校生のボランティアが被災者への応援になることはもとより、
参加した生徒自身の人間的な成長につながることを自分の目でご覧になっていらっしゃいます。
ですから、学校で生徒たちに呼びかけられるのです。
1995年1月、私が初めて神戸でボランティアをしたときです。
私は当時高校1年生の担任をしていました。そのクラスにやや不登校気味の生徒M君がいました。
M君のお母さんは私が神戸に行くことをお聞きになり、ウチの息子もつれてってほしいといわれました。
私は神戸市中央区社会福祉協議会の活動で、避難所の障がい者の安否確認をしました。
その頃の神戸はまだ電線も垂れ下がり、道も傾き、かなり危険な状態でした。
M君は何も話さず、ただ黙って、自転車でついてきただけでした。
月曜日、学校に登校したM君は「柔道部に入ります」と私にいいました。
それだけです。私も理由は問いませんでした。
そのM君、今は産婦人科医師として活躍しています。
生徒が変化し、成長した事例は多かれ少なかれ、参加した生徒の数だけあるのだと思っています。
ですから、愛知ボラセンのボランティア活動は、保護者の同意さえあれば、中学生、高校生の参加も認めています。
おそらくこうした災害ボランティア団体は全国でも例はないと思います。
さて、熊本地震被災者応援中高校生ボランティアを下記の要領で募集をします。
——————————————————-
日  程 2016年6月10日(金)~12日(日)
集合時刻 10日(金)午後6時
集合場所 東別院境内 (地下鉄名城線東別院駅下車徒歩3分)
解散時刻 12日(日)午前8時頃
解散場所  東別院境内
参加費  18,000円
※ボランティア保険 400円
 未加入の方は必ず加入してください。手続きは愛知ボラセンで代行します。この保険は2016年度1年間有効です。
定員 160人(バス1台)
活動場所 熊本県上益城郡西原村宮山地区(予定)
活動内容 瓦礫分類撤去
西原村では瓦礫を16種類に分類して、瓦礫集積所に持っていかなければなりません。そのためにどうしても多くの人手が必要です。
家屋はすでに重機で倒した所で活動します。
必要な物 
 ・ヘルメット(数に限りがありますが、お貸しすることも可能です)
 ・靴=安全靴の中に釘ふみぬき防止用のインソールをいれるのがベストです。
  (雨天の場合は長靴が必要になります)
登山靴のようなものやスニーカーでもいいかと思いますが、インソールをお入れください。
 ・強度のあるゴム手袋または、豚皮の手袋。一般の軍手では強度に不安があります。
 ・長袖、長ズボン、ゴーグル、防塵マスクの基本スタイルは必要です。
  半袖での活動はけっしてしないでください。
  長袖着用は引っかき傷や虫よけ対策とともに、ほこりに混じっているダニやカビの胞子などが皮膚に付着し、アレルギーになることも防ぎます。
これから暑くなりますが、作業中の長ズボン、長袖は災害直後のボランティア活動の基本中の基本です。
 ・防塵マスク
  古い家庭ではどこでアスベストを使用しているかわかりません。念のために防塵マスクの着用をおすすめします。
 ・安全ゴーグル
目や眼鏡の保護のために、瓦礫撤去の活動の際には着用をおすすめします。
 ・土曜の昼食
途中のサービスエリアなどでご購入できます。
現地でのお湯の用意はありませんので、カップラーメンは食べられません。  
愛知ボラセンとしては、土嚢袋、ミノ、瓦礫入れ箱、ほうきなどの作業に基本的に必要と思われる物は用意します。
申し込みは必ず一人ずつ申し込みフォームから申し込んでください。
▽お申込みフォーム
http://aichiborasen.org/kumamoto_highschool_vol
※中高生以外の一般の方にもお申込みいただけます。一般の方はバス1台45人です。

参加費はお申し込み後にお知らせする愛知ボラセン口座にお振り込みください。 
 ※愛知県高校生フェスティバル実行委員会関係の学校は、学校ごとにとりまとめて、お振り込みください。

5/29(日)第7回でらえぇ〜友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト 活動報告会のご案内

東日本大震災孤児遺児交流企画
第7回でらえぇ〜友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクトの実行委員長を務めました、加藤みのりです。

第7回のでらえぇ〜も2泊3日の短い間でしたが、それだけでは終わらず、

これからも続いていく友だちの繋がりを広げることができたと思います。
第7回でらえぇ〜がスタートし、東北のみんなと共に過ごした当日まで温かく見守り、

サポートしてくださったみなさん、本当にありがとうございました。
さて、この活動を今よりも多くの方に知っていただくため、

また今回の「でらえぇ〜」の活動報告とお礼をお伝えするために、報告会を開催いたします。
日時と場所は以下のとおりです。
—————————————————-
第7回でらえぇ〜友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト活動報告会
5月29日(日)
東別院会館 第2教室 13時~
—————————————————-
直接、学生たちの生の声をこの機会にお届けできたらと思います。
いつもでらえぇ〜を応援してくださる方々、
でらえぇ〜ってなんだろう?と思っている方、
現地ボランティアやエールの活動に参加されたことのある方など、どなたでもご参加いただけます!
ぜひご家族やお友だちと一緒にご参加ください!!
お待ちしています( ^ ^ )
http://aichiborasen.org/deraee