[岡山応援]岡山県笠岡市災害ボランティアについて(7/20~21)

代表の久田です。
13日(金)に、岡山県矢掛町、笠岡市を視察し、来週予定している災害ボランティアのコーディネイトをしてきました。
そして、以下のように第一陣のボランティア活動の参加者を募集します。

【参加要項】
最小催行人数:35名
参加費:17,000円
 ※矢掛屋さんので夕食1,300円(税込)、入浴料700円を含みます。
主催:株式会社 中部キャラバン(愛知県知事登録旅行業2-882号)
協力:特定非営利活動法人 被災者応援愛知ボランティアセンター
お申込み:株式会社 中部キャラバンHP http://ccc.sc/?catid=2&itemid=78

[参加について]
愛知ボラセンの被災地活動は、
①被災者から直接依頼を受けての活動です。必ず、そしてすぐに活動にはいることができます。
②必要な道具はもっていきます。そのためどこでも活動にはいることができます。
③事前に班分けをし、経験のある方にリーダーをお願いしています。そのため、初めての方も安心して作業に入ることができます。
④指示系統が明確なため、効率的な作業ができ、予想以上に作業が捗ります。
⑤現地の方のお話を伺える機会をできるだけ設けます。今回も予定しています。
⑤できるだけ入浴して汗を流せるように配慮しています。今回は古民家での入浴と夕食を活動後のお楽しみにしてください。
⑥参加者は10歳代から70歳代の幅広い世代で、男性、女性、作業はそれぞれの方にみあった活動がありますので、ご安心ください。
⑦中学生・高校生から社長さんまで、いろいろな立場の方々が参加されます。日常の生活では出会えない新しい関係を作れます。
⑧バスは安全運行で高評価の鯱バスです。安心してバスにご乗車ください。

【日程とスケジュール】
7月20日(金)
23:00 東別院会館前集合、受付
23:30  同発
7月21日(土)
07:30 岡山県笠岡市着
08:00 ボランティア活動開始 ※適宜休憩をいれながら、作業
15:00 作業終了
15:30 矢掛町着 入浴・夕食
入浴:矢掛屋・湯の華温泉
夕食:矢掛屋・花鳥風月 旧街道の古民家の温泉と夕食で疲れを癒してください。
※矢掛は旧山陽道の宿場町で本陣、脇本陣ともに残る全国唯一の宿場町です。わずかな時間ですが、
ご散策お土産のご購入をどうぞ。はっかが矢掛の名物です。
17:00 矢掛町出発
23:00 名古屋・東別院着(金山駅経由)

[現在、決定している活動]
※適宜休憩をいれながら、作業
◆活動地:笠岡市甲弩(こうの)地区
 〇フローリング床下の泥出し2軒
  フローリングの床下にもぐり、腹這いになって泥出しをするいわゆる「モグラ」作業です。
  かなり体力のいる活動です。志望される方は、ヘッドライト、着替えをご持参ください。
  床下から出した泥は床上のチームで外へ出します。こちらの活動はどなたでもできます。
  なお、うち1軒のフローリングは床下への入口がないために、床板の一部を切っての作業になります。
 〇被災家屋・農機具倉庫の片づけ
  大きなお宅で、作業はまだあまりはかどっていません。
◆要請があるかもしれない活動
 〇矢掛町の農地整備

[準備していただく持ち物]※ホームセンターなどで購入できます。
・ゴーグル
・マスク
・丈夫なゴム手袋
・長袖シャツ、長ズボン(危険防止のため活動中は必ず長袖・長ズボンでお願いします。)
・長靴
・バス内履物(泥のついた長靴は必ず履き替えてバスに乗ってください。
・着替え
・タオル
・熱中症対策グッズ
・経口補水液(または、スポーツ飲料やミネラルウォーター。多めにご持参ください)
・昼食(活動場所の近くにはコンビニや食堂などはありません。熱い野外のため、腐りにくいもの)
※その他、活動に必要な道具:愛知ボラセンの道具を積み込みます。

【ボランティア活動保険について】
お近くの社会福祉協議会にて、ご自身でご加入ください。
ご加入は任意ですが、万一のため、愛知ボランティアセンターとしては加入を強く推奨します。
天災Bタイプ(掛け金500円)以上をお勧めします。※対象範囲が広いため、あってはほしくないですが、他の災害へも対応できるため。
※この保険は年度ごとの加入です。今年度未加入の方は改めて加入が必要です。お気をつけください。
※名古屋市16区社会福祉協議会の所在地についてはこちらでご確認ください。
http://www.nagoya-shakyo.jp/16ku/16ku_list.html

今週末の活動ですので、短い申込み期間です。
被災者の皆さんに少しでも力になり、笑顔を届けたいと思っています。
参加者募集情報をお拡げください。

どうぞよろしくお願いいたします。
なお、第二陣以降は、現地や参加者の状況を勘案して後日決定します。
実施するとすれば、毎週末の金曜から土曜です。

なお、ブログに、視察報告があります。
https://blog.goo.ne.jp/aichiborasen/e/951caf19131b3942d212f8d273e18c49

[岐阜 第4報]関市ボランティアは見送ります(中止)

代表の久田です。

本日、関市の水害被災地現場へ視察に行ってきました。

上之保地区ボランティアセンターによれば、

①思っていた以上に片付けが進行している。

②ボランティア活動の有無は前日の夕方に決定している。

③14日(土)に大型バスで来られるボランティアさんに確実に活動があるかどうかはわからない。

とのことでした。

申し訳ありませんといわれましたが、

出番がないことが一番ですからと、ボランティアセンターを後にしました。

大型バスの無料キャンセルは本日午後5時。

愛知ボラセンとしては、関市での団体によるボランティア活動は実施しないことにしました。

今回、参加申し込みをしてくださった皆さん、たいへん申し訳ありませんが、

事情をご理解のうえ、ご了承ください。

なお、スタッフの徳倉と田中は、14日(土)に、15日は武内が関市ボラセンがボランティア募集を行っている場合に

個人的に行く予定にしています。

みなさんも、関市での活動を希望される場合は、前日夕方に関市ボランティアセンターHPをご確認の上、

個人で、あるいはお友だちをお誘いの上で、関市でのボランティア活動にご参加されることをご提案します。

熱中症やケガにはくれぐれもお気をつけください。

なお、上之保地区には上之保温泉ほほえみの湯があり、活動後に汗を流し、疲れを癒やすことができます。

私は13日(金)に岡山県倉敷市真備町、小田郡矢掛町へ視察に行き、

20日(金)夜出発~21日(土)夜帰着の岡山県での活動の準備をしてきます。

詳細が決まり次第お知らせします。

【7/13 募集】関市ボランティア活動に伴い中古タオルの募集

スタッフ田中です。
今週末(7/14)に行う関市ボランティア活動に伴い、中古タオルを募集いたします。
被災地域でのボランティア活動の作業用品として【中古タオル】をご寄附ください。
新品のタオルではなく、水通ししてある吸水性の高い【中古タオル】をお願いします。

■お願い■
・これまでに、中古タオルの募集を呼び掛けた際、多く集まり過ぎてしまい持っていけない(倉庫にも置けない)こともあった為、
広くお声掛けはなさらず、ご自身で持ち込んでいただける分のみでお願いいたします。
・活動場所は、実施日のみお借りしていますので、大変申し訳ありませんが、郵送はお断りいたします。
・【中古タオル】のみの募集ですので、新品のタオルを購入してのご寄附もご遠慮ください。

必要だ!と募集をしておきながら、注意事項があり申し訳ありませんが、現場の状況をご理解いただけると幸いです。
また、当日の仕分けボランティアさんも募集いたします。
ご寄附いただいたタオルを畳み、箱詰めしていく作業です。
外(軒下)での活動になります。申込み不要ですので、直接お越しください。

被災地には行けないけれど、何か力になれたら・・・
そういった方々のお気持ちを、様々な形で被災地へお届けしていきたいと思っております。
どうかお力添えをお願いいたします。

【中古タオル募集詳細】
受付日時 7/13(金)14時~19時
場所 東別院お茶所前(軒下)
ボランティアさん活動日時 7/13(金)14時~19時半頃
※ボランティア派遣、物資輸送費の募金箱も設置させていただきます。合わせてご協力いただけると幸いです。

[第2報]岐阜県関市でのボランティア参加者募集について

代表の久田です。
今回の水害に関するボランティア活動として、㈱中部キャラバンさんの主催で、
まず、関市でのボランティア活動の参加者を募集します。

詳細は、11日(水)に私が関市へ行き、関市社協の災害ボランティアセンターで活動しつつ、
関市ボラセンと相談して確定する予定です。状況によっては、関市へのボランティアバス派遣を見送ることもあるかもしれませんことをご了承ください。
———————
[平成30年7月豪雨・岐阜県関市でのボランティア]
7月14日(土) 岐阜県関市(日帰り)
集合:午前6時30分 東別院会館前
出発:午前6時45分
関市着:午前8時30分
関市発:午後16時-30分頃
東別院着:午後19時半
参加費:7,500円
最小催行人数:35名
主催:株式会社 中部キャラバン(愛知県知事登録旅行業2-882号)
協力:特定非営利活動法人 被災者応援愛知ボランティアセンター
お申込み:株式会社 中部キャラバンHP準備中(明日中に申込を開始いたします。)
持ち物:
*長靴
*バス内履物(泥のついた長靴は必ず履き替えてバスに乗ってください)
*丈夫なゴム手袋
*ゴーグル:粉塵が舞っているらしいのであったほうがよいかも。
*マスク粉:塵を吸い込まないよう鼻から顎までしっかり覆えるものを。
*長袖シャツ、長ズボン(危険防止のため活動中は必ず長袖・長ズボンでお願いします)
*着替え
*タオル
*熱中症対策グッズ:真夏日の作業ですので熱中症、怪我には充分お気をつけください。水分は作業中だけでも2ℓは用意。OS1などの経口補水液はマスト。熱中症対策は、首に巻く冷たいやつ(?)や冷感スプレーが効きます。地味に扇子やうちわも便利。
*水分(スポーツ飲料や経口補水液でも可。多めにご持参ください)
*昼食
その他活動に必要な道具:愛知ボラセンの道具を積み込みます。
☆ボランティア活動保険
お近くの社会福祉協議会にて、ご自身でご加入ください。
ご加入は任意ですが、万一のため、愛知ボランティアセンターとしては加入を強く推奨します。
天災Bタイプ(掛け金500円)以上をお勧めします。
※この保険は年度ごとの加入です。今年度未加入の方は改めて加入が必要です。お気をつけください。
※名古屋市16区社会福祉協議会の所在地についてはこちらでご確認ください。
→http://www.nagoya-shakyo.jp/16ku/16ku_list.html
———————
7月20日(金)~21日(土)に、岡山県矢掛町での活動を準備しています。
矢掛町は倉敷市真備町の西にあり、真備町の報道と比べて、ほとんど被害が報道されていません。
私の友人が矢掛町の隣の井原市におり、その友人からの情報です。
彼が矢掛町の知人を訪ね、愛知ボラセンと矢掛町をつなごうとしています。
できるだけ早く矢掛町を視察をし、来週末は矢掛町での活動を考えています。
矢掛町へ行く場合は、
20日(金)
集合:午後10時30分
出発:午後11時
現地着:21日(日)午前7時30分
現地発:午後4時30分
東別院着:午後11時を予定しています。
なお、これ以降のボランティア派遣については、現地の状況などを総合的に勘案して、判断します。

[第1報]平成30年7月豪雨のボランティアに関して

代表の久田です。

全国各地で豪雨による大きな被害がでています。

犠牲になられた方々のご冥福をお祈りしますとともに、

被災された皆様へのお見舞いを申し上げます。

この記事をご覧の皆さまは、被災された方々に心を痛め、

何か自分にもできないかとお思いのことと思います。

愛知ボラセンとしては、とりあえず今週末の3連休にボランティアバスを出す準備をしています。

ボランティア先はまだ決めていません。

現在、情報収集中です。

近くであれば日帰り、岡山県内であれば、1泊2日と考えています。

なるべく早く、皆さまにお知らせしたいと考えています。

なお、岐阜県関市社会福祉協議会ではボランティアを募集しています。

ボランティアへ行くことをお考えの方は、関市へもお力添えください。