【急募7/14発】九州北部豪雨水害ボランティア募集開始

【概要】
■旅行内容:九州北部豪雨水害ボランティア
■日程:7月14日(金)~16日(日)
■主催:株式会社 中部キャラバン(愛知県知事登録旅行業2-882号)
■旅行代金:20,000円
■食事:SAにて購入
■最小催行人数:35名
■お申込み(株式会社 中部キャラバン)HP:http://ccc.sc/?catid=2&itemid=42
■協力:特定非営利活動法人 被災者応援愛知ボランティアセンター


代表の久田です。

すでにブログでご紹介しましたように、九州北部豪雨水害ボランティアバスを下記の要項で実施します。

現地災害ボランティアセンターはまだ開設(ボランティア募集)されていませんが、
来週早々には災害ボランティア募集が行われると予想しています。

また、愛知ボラセンと関係の深い団体の皆さんも被災地入りをされる予定です。
活動先は、こうした情報の中で決定します。

災害ボランティア募集が行われると予想される来週末に合わせての活動を行うために、

少し先走りした募集と思いますが、ご理解ご協力よろしくお願いします。

皆さんといっしょに、九州北部豪雨被災者の応援活動を実施したいと思います。

ボランティアバスの最低遂行人数は35人ですが、定員は45人です。

人数が多ければ多いほど、活動の進度が変わります。バス満席で被災地へ応援へ行けることを願います。
お力添えいただける皆さま、よろしくお願いします。

また、被災地域にお住いの皆様、今週末も激しい雨が降り続くそうです。

土砂災害には引き続き厳重な警戒をしてください。


日  程:7月14日(金)~16日(日)
集合時間:14日(金)午後6時
集合場所:真宗大谷派名古屋東別院境内お茶所内 
     名古屋市中区橘2-8-55 名古屋市営地下鉄 名城線 東別院駅 4番出入口 西へ徒歩約3分
解散時間:16日(日)午前8時(予定) バス帰着時間:午前7時30分(予定) ミーティング後解散
解散場所:真宗大谷派名古屋東別院境内お茶所前
旅行代金:20,000円
最小催行人数:35名
主  催:株式会社 中部キャラバン(愛知県知事登録旅行業2-882号)
協  力:特定非営利活動法人 被災者応援愛知ボランティアセンター
お申込み:株式会社 中部キャラバンHP:http://ccc.sc/?catid=2&itemid=42

1日目 出発:午後7時
    夕食:午後8時30分頃 大津SAで夕食休憩
2日目:朝食:九州・大分自動車道内PAで朝食休憩
    活動:午前8時頃~午後4時頃
    昼食:各自ご用意ください。
    夕食:九州・大分自動車道内PAで夕食休憩
3日目:帰名:午前7時30分

持ち物:長靴、バス内履物(泥のついた長靴は必ず履き替えてバスに乗ってください)、
    軍手、マスク、長袖シャツ、長ズボン(危険防止のため活動中は必ず長袖・長ズボンでお願いします)
    着替え、タオル、熱中症対策グッズ、水(スポーツ飲料や経口補水液でも可。多めにご持参ください)、

    2日目の昼食(途中のSA、PAで購入できます)など

☆ボランティア活動保険
お近くの社会福祉協議会にて、ご自身でご加入ください。
ご加入は任意ですが、万一のため、愛知ボランティアセンターとしては加入を推奨します。
天災Bタイプ(掛け金500円)以上をお勧めします。
※この保険は年度ごとの加入です。今年度未加入の方は改めて加入が必要です。お気をつけください。
※名古屋市16区社会福祉協議会の所在地についてはこちらでご確認ください。
 →http://www.nagoya-shakyo.jp/16ku/16ku_list.html

九州豪雨 災害ボランティアを検討しています

代表の久田です。

九州での豪雨水害。まだ雨が降り続け、かなり深刻な状況になりかねない事態になっています。

愛知ボラセンとしては、7月14日(金)19:00出発で、
16日(日)早朝に帰名する「0泊3日」のボラバスを出すことを現在検討しています。
被害状況が明らかになった時点で、
実施の有無、実施する場合は、愛知ボラセンとしてどの地域に入るのがよいかの判断をします。

被害状況に心を痛め、少しでも力になりたいとお考えの皆さんはご予定おきくださいますようお願いします。
なお、実施する場合の費用などは昨年の熊本地震と同程度なるかと思います。

雨が早くあがり、被害がこれ以上広がらないことを祈っております。

なお、7月15日(土)~17日(日)に宮城県石巻市十八成浜へのボランティアを予定していましたが、
残念ながら大型バス1台分の参加者に満たず、実施を断念しました。
マイクロバスなら十分に実施できましたが、参加費1.5倍増、実施定員2倍増と
3倍も高くなったハードルを超えるのは難しくなっています。
次回の十八成ボランティアは、9月16日(土)~18日(月)を予定しています。
皆さまのご参加を期待しています。

2017夏 第10回でらえぇ~友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクトin名古屋 実行委員募集!!

こんばんは!!スタッフ田中です☆

3月に開催した第9回 【でらえぇ~友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト】 

の報告書が完成しました!!

報告書はこちらから→

http://aichiborasen.org/wp/wp-content/uploads/2017/06/2017deraee9.pdf

 

総括も終わり、いよいよ次回開催(8月)へ向けて、実行委員の募集を開始します!!

 

2012年3月から始まった「でらえぇ~友だちつぐっぺぇ~笑顔プロジェクト」。

でらえぇ=とってもいい(名古屋弁) 友だち つぐっぺぇ=つくろう(石巻弁)

「名古屋と東北のみんなの心がつながり笑顔でいっぱいになるように」「東北と名古屋の学生が一緒に大切な時間や友だちを作ることができるように」という想いを込めて、愛知の学生たちが名づけました。

私たちがこれまでに出逢った東北の子どもたちの中には、

自分の悲しみや辛さを友だちに話したら、困らせてしまうかもしれないと、誰にも話せないでいる子がいました。

状況はそれぞれです。

だからこそ、このプロジェクトを通じ、同じ境遇の子どもたち同士が交流することで、

誰にも言えず、ひとりぼっちで抱えこんでいるものを共有できるのではないかと思っております。

これまで9回の開催を通し、震災で親を亡くした子どもたち同士が仲良くなり、人間関係を深めること、

想いや悩みを話せるような場所を作ること、

そしてその場所で、震災のことを忘れず応援活動を続けている、遠く離れた愛知の実行委員が、東北の友だちのすぐ隣にいることは、

一緒に過ごした時間と比にならないほどの特別な関係を築いています。

そしてまた、一緒に涙を流し、また楽しい時間も過ごすことで、特別な時間と特別な友達や仲間をつくってもらいたいなと思っています。

 

先日おこなった報告会の中で、名古屋の学生が「活動を終えた日から、“3月11日は東日本大震災が起きた日”から“大切な友たちの家族が亡くなった日になった”」と発言をしたのがとても印象的でした。

忘れることが出来ない2011年3月11日のテレビの中の津波の映像。

実際にそこに東北の子どもたちがいたのだということ、

家を流された子がいるということ、

お父さんやお母さんを亡くし、場合によっては変わり果てた姿と対面している子もいるということを子どもたちは「でらえぇ~」を通じ知り、考え、涙を流しました。

また私たちスタッフも、想像力が他者を思いやる心から生まれることを活動を通じて改めて感じる時間となりました。

東北の子どもたちにとっても、「頑張って!!頑張ろう!!」と、応援される場所ではなく話しをすることで気持ちの整理をすることが出来きたり、

泣くことのできるが場所を作ることが出来たのではないかと思っております。

この活動は参加したいなと思ってくださる東北の子どもたちが1人でもいる限り続けていきます。

 

今後もご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、

東北の子どもたちと名古屋の子どもたちに、かけがえのない人間関係が築かれるよう、そっとサポートいただければ幸いです。

 


毎年夏は、東北で開催していた「でらえぇ~」ですが、様々な理由から今年は名古屋で開催することに決定しました!!

すでに3人の東北学生が参加申し込みをしてくださっています!!

今年は東別院御坊夏祭り模擬店にて東北の美味しいものを子どもたちと販売していけたらいいなぁ~なんて考えています。

 

下記要項で実行委員を募集します。

 

また、ボランティアの皆さんも、どうか引き続き活動のサポートをよろしくお願いいたします。

 


でらえぇ~友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト 要項

◇応募できる方

1)中学1年生以上

2)2017年8月17日(木)夕方~20日(日)昼まで、通して参加可能な方

3)ミーティングに参加できる方

 ※スケジュールは後日お知らせします。出来るだけご参加いただけるよう調整してください。

 ※試験などで、欠席する場合は事前に連絡いただければ大丈夫です。

 

 

実行委員:学生・大人で企画運営に主体的にかかわるメンバー

名古屋サポートスタッフ:当日の参加が出来なったり、なかなか会議に参加できないけれど応援したいメンバー(※これまで参加したことのある方のみ)

 

◇宿泊・活動場所 橘学区センター

◇費用 (学生)7,500円程度(大人)15,000円程度(食事代・宿泊費など)

◇申込〆切 2017年7月1日(土)

※お申込みが殺到した場合、期限前に締め切ることがございます。ご了承ください。

 

お申込みはこちらから→http://aichiborasen.org/deraee_2017_summer

6/25(日)9:00- 中区災害対策防災訓練 参加者募集!!

スタッフ田中です☆

名古屋市中区では、大規模災害発生時に東別院にて、

地域住民の方の避難所(本堂)と、災害ボランティアセンター(会館)が設置・開設されることになっており、

中区役所、中区社会福祉協議会、真宗大谷派名古屋別院(東別院)は設置協力協定を締結し、例年、災害ボランティアセンター設置運営訓練を実施しています。

愛知ボラセンも、災害ボランティアセンター設置運営団体の一員として会議や、年1回の訓練に参加しています!!

次回訓練実施日:2017年6月25日(日)

学区の皆さんと一緒に、大規模災害を想定した訓練を東別院で行います!!

愛知ボラセンは、災害ボランティアとして各地から駆け付けたボランティアさん(個人・グループ)として、

災害時と同じように訓練に参加します!!

そこで!!

一緒にこの訓練に参加してくださる方を募集します★

その他にも、消防の方もいらっしゃるので、AEDの使い方を教えていただいたり、災害車両を近くで見る事できます!!

災害ボランティアセンター開設しなくてはいないような大規模災害時、スムーズに運営が出来るように。

駆け付けてくださったボランティアさんとうまく連携が取れるように。

平時での日々の訓練や改善がとても重要です。

これまでに災害ボラセンを通じて活動をしたことがある方も、ない方も、

性別も年齢も問いません。

途中抜けもOKです!!

どんな感じかな?といった見学も大歓迎です!!

お忙しい中とは思いますが、是非お力添えいただければ幸いです。

よろしくお願いします!!

■災害ボランティアセンター設置運営訓練

■2017年6月25日(日)

■9:00 東別院お茶所前集合→簡単な趣旨等説明後、9:15より訓練開始

■終了予定時刻:12時頃

■お申し込みはこちら→ http://aichiborasen.org/20170625vc_kunren

6/10(土)第9回でらえぇ~友だちつぐっぺぇ~笑顔プロジェクト 報告会のお知らせ

皆さんこんばんは。
第9回でらえぇ~友だちつぐっぺぇ~笑顔プロジェクト実行委員会、副実行委員長の小倉です。

私たちは、今年の3月10日夜から3月12日まで、東北の学生を名古屋に招き、活動を行いました。

それに伴い、6月10日(土)10時〜
東別院対面所下会議室をお借りして報告会を行います。

でらえぇ~当日の内容や当日にあった出来事、
事前準備の様子など、
事細かに報告したいと思います。

でらえぇ~は今回で9回目を迎え、
その回ごとに新たな発見や、準備する過程での葛藤があり、今回のでらえぇ~でも様々な出来事がありました。

でらえぇ~の活動は回を重ねるごとに成長し続けています。
ですが、今のでらえぇ~には大きな問題があり、それは、名古屋学生スタッフの減少です。企画の考える名古屋の学生がどんどん少なくなっています。

しかし、でらえぇ~を必要としてくれている東北の学生がいます。

私たちはそういった学生がいる限り活動し続けて行きたいと思っています。

なので、もしこのメッセージを読んで少しでも気になってくださった方がいましたら、ぜひとも報告会に来ていただき、でらえぇ~の詳しい内容を知りに来てくださると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。