東日本大震災支援サイト Web制作ボランティア募集

0 Comments

愛知ボランティアセンターのホームページ制作を手伝ってくださるボランティアを募集いたします。
現在、愛知ボランティアセンターは携帯版ホームページを制作しております。被災地でPC環境がなく、携帯電話で情報収集している被災者の方々、携帯電話でボランティア情報をお探しの方々のために、携帯版ホームページの早期完成を目指しています。この携帯版ホームページの制作を手伝ってくださるボランティアを募集いたします。

ボランティア内容

携帯版ホームページの制作

期間

携帯版ホームページの制作終了まで

要件

  • 東日本大震災の被災者のために何かしたいという気持ちをお持ちの方
  • 中学生以上
  • WordPressでのサイト制作経験のある方

※愛知ボランティアセンターのホームページはWordPressを利用して制作しております。携帯版ホームページはPC版ホームページと連動させるため、WordPressを利用したサイト制作を理解されている方を募集いたします。
※中・高校生は保護者の同意が必要です。

下記フォームよりご応募ください。折り返しご連絡いたします。
[contact-form-7 404 "Not Found"]

うちわ完成&うちわ配布大作戦

0 Comments

ワンコインサポーターズの宣伝用うちわが完成しました。

ワンコイン宣伝用うちわの写真

うちわ作成にあたり、
(株)フジドリームエアラインズ様より 50,000円
(株)デジタル印刷工房様より 32,387円
の協賛金をご協力頂きました。ご協力ありがとうございました。

この素敵なうちわのデザインはボランティアの林みのりさん にご協力頂きました。このホームページやTwitterにも使われているかわいい男の子と女の子の絵も林さんの作品です。
デザインオフィスハーベスト 林みのりさん
http://harvest.cranky.jp/index.html

度重なる変更や修正依頼にも素早くご対応頂きました。ご協力ありがとうございました。

8月末までにうちわを配りきりたいと思います。うちわ街頭配布大作戦を計画中です。近日中にホームページでご案内させて頂きますので、ご協力よろしくお願いいたします。

個別 うちわ配りボランティア 募集

 うちわお渡し方法

8/20(土)、8/21(日) 13時半~21時
東別院 御坊祭り会場の愛知ボランティアセンター 物産展スペースに取りに来れる方

スタッフまで必要枚数をお声掛けください。
配布後、どこで配布したのか aichiborasen@gmail.com までご報告をお願いいたします。
その際のメールタイトルは「うちわ配布報告 氏名」としてください。氏名の部分にはご自分のお名前をご記入ください。記入例:うちわ配布報告 愛知太郎

よろしくお願いいたします。

会計報告の遅れについて

0 Comments

6月度の会計報告、義捐金受け取り報告、活動支援金受け取り報告が遅れており、大変申し訳ありません。

お茶所からのピンポイント物資の送付、現地へのボランティア派遣のための作業を優先したため、会計処理が遅れております。8月中に6月分、7月分の会計報告をホームページに上げさせていただきます。お待たせして、申し訳ございませんが、今しばらくご猶予頂きますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

愛知ボランティアセンター 会計担当 横井久美子

第21回・S4現地ボランティア 名古屋到着時間について

0 Comments

お出迎えを予定されている皆様へ

到着予定時間は12時半過ぎから13時の予定です。
11時半恵那峡SAを出発します。
8月14日11時30分更新

到着予定時間は 12時から12時半の予定です。
10時現在恵那付近を走行中。11時に恵那峡SAで休憩を取り、東別院に向かって戻ってくる予定です。
8月14日10時20分更新

昨日の夜、名古屋を出発した第21回現地ボランティアですが、お盆の帰省ラッシュ等による道路の混雑により現地への到着が遅れました。その影響で、明日の朝の名古屋への戻り時間がおそらく明日(8月13日)お昼12時頃になると思われます。

夏休み宿泊プランS4(8月9日出発)の戻り時間も同様です。

お出迎えを予定されている皆様は明日10時以降に、当ページの更新をご確認ください。また愛知ボランティアセンターへ直接お電話にてお問い合わせをお願いいたします。

なお明日は到着後の解散式、現地報告会等はございません。どうぞよろしくお願いいたします。

新潟県阿賀町 活動報告

0 Comments

8月5日~8月7日0泊3日で、愛知ボランティアセンターでは「平成23年7月新潟・福島豪雨」の緊急応援現地ボランティア活動として新潟福島新潟県阿賀町へ赴きました。

緊急募集にも関わらず、29名もの方が参加してくださいました。

〈被害の状況について〉

今回、私たちが活動を行った新潟県阿賀町吉津地区は約60世帯のうち床上浸水が49棟、床下浸水が3棟と、ほとんどの世帯の1階部分が水没し、阿賀町の中でも特に被害が深刻な地区です。

一部の道路が通行止めとなったり、片側相互通行になっています。何よりも茶色く濁った阿賀野川が、流れでた土砂の多さをあらわしており、川の両岸が削られ、木々の根っこが露出しています。また、米どころ新潟の田んぼのまわりには土にひびが入っていました。

〈活動について〉

旧 下条(げじょう)小学校にある阿賀町災害ボランティアセンターへ。

まずは、体育館内にて4tトラックで愛知から運んできた応援物資のタオル類を降ろしていきました。中古タオルなどは泥で汚れてしまった家庭での清掃に使われます。

愛知ボランティアセンター一行は、3棟の家庭の泥出しをさせていただきました。床をはいだ後の床下に堆積した泥を、スコップやバケツですくい、土のう袋に詰めていく作業をしました。泥は水を多く含んでおり、かなりの重みがあり、泥に足を捕まれ、中々身動きが取りづらい中での活動となりました。何もなかったところにかなりの土のう袋が積み上げられていきます。
その光景を見たとき「民家にこんなにも沢山の泥が流入してきたのか」と思わず言葉を失くしてしまいました。

愛知から応援に駆けつけたことを、阿賀町の方々に大変喜んでいただけました。
阿賀町へ再び応援に入る時には、みなさんのご協力を得ながら、阿賀町に住んでいる方々のためにやっていきたいと強く感じました。

阿賀町ではボランティアが足りない状況です。
水害は短期勝負といいますので、より多くの方が阿賀町でもボランティア活動をしていただければと思います。

(8/8更新の阿賀ボラセンブログhttp://agacen.hida-ch.com/より)

この土日(8/6~8/7)でもかなりのボランティアさんが駆け付けてくださいました。

一昨日は229名!!そして、昨日は284名(県内243名 県外41名)ものボランティアさんが!

本当にありがとうございました!

ただ、これだけのボランティアさんのご協力を得ても、まだまだ活動の終息が見えない状況です…

引き続き、一人でも多くのボランティアさんからのご協力をお願いしたいと思いますので

ご協力をお願いいたします。

参加された方、本当にお疲れ様でした。

これで新潟ボランティアの報告を終わります。