心配り班

by admin. 0 Comments

 

12185264_880748982040827_4439266577759315070_o

 

こころ① こころ2こころ3
「心配り班」は仮設住宅だけではなく、一人暮らしの高齢者の多い十八成浜の皆さんにも食事を提供し、ご希望される方にはお宅まで食事を届け、ボランティアさんといっしょに食事をして、いろんなお話を聞かせていただいています。

A4版4ページの「くぐなり食堂ニュース」を毎回発行し、そのニュースを持って「心配り・心拾い班」が約85戸を全戸訪問します。いろいろなお話をうかがい、[くぐなり食堂班]が手作りしたお弁当のご案内をします。

一軒一軒お邪魔する中、震災当時のお話を聞かせていただいたり、今、困っていることを教えていただいたり・・・時には、一緒にお弁当をいただきます。

くぐなりでは、いつもお互いの家を行き来してゆっくりお茶を楽しむ習慣があります。

私達ボランティアも「お茶っこ飲んでけ」とお誘いを受け、手作りのお漬物や、温かいお茶を頂くこともあります。とても暖かい時間です。

「毎週毎週ありがとうね」 「今日はどんなメニュー?」   「今回は、初めて、食堂におじゃましようかな」

「寒いから風邪ひくなよー」 心のやりとりがあったかいです。

手作りの地図やファイルには、前回までに参加した仲間が書き込んだ情報でいっぱいです。

こころ4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チラシだけじゃなく、心も 配ろう。誰かの家にではなく、あなたの家に。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です