被災地ボランティア活動

by admin.

私たちの活動は誰かを助ける「支援」活動ではなく、仲間を元気づける「応援」活動です。
「応援」でも「支援」でもたいした違いはないよね?よくそう聞かれます。
「瓦礫ってゴミじゃないですよね、被災者が生活してきた大切な証なんですよね」と、以前活動に参加した中学生が言いました。

私たち愛知ボランティアセンターが大切にしているのは、仲間を想う気持ちです。

愛知ボラセンの活動の大きな特徴は、それぞれの立場で、自分にできる活動をおこなっているところです。
災害ボランティアは被災地で長期間の活動することが注目されますが、地元で誰でも気軽にできる分かりやすい活動をすることが、活動を続けていくためには大切なことと考えています。そのためには活動の拠点は重要です。誰でも分かりやすく、広い場所をと考え、市民活動に理解が深い真宗大谷派の東別院さんに依頼し、ご快諾を頂きました。

たくさんの応援が集まり大きな応援になる。それが私たちの被災地応援活動です。